yamanonpo-bottom

2017年2月25日土曜日

映像〜ふたりの桃源郷


十三で上映25分後から観た。
連れ合いと自分の親、木頭のじいとばあが非常にmultiplet

観客は15人ほどしかいなかった。
みたらし団子屋(喜八洲総本舗)の列より少ない。
むかし父親がよく買ってきた味と今は違うようなきがする。
量質転化の法則か?
七芸の横の永楽堂(「百年は続いてるがそれだけです」と店員さん)で並ばずに和菓子購入。

閑話休題。

・・・





2017年2月24日金曜日

過疎の先進地 物部

2017年2月23日高知市市民活動サポートセンターでの元香美市地域づくり支援員・矢野さんの講演のメモから一部。

物部について
1956年に槙山村上韮生村が合併し物部村となり、2006年に土佐山田町、香北町と合併し香美市物部町となる。柚玉の生産量は全国一。
いつから人がくらしていたか

1588年に著された「長宗我部地検帳」には、槙山村178軒。1400年代から物部には人が暮らしていたという。



江戸時代は7,000人、森林軌道が整備され始めた1910年代に12,000人、1950年にダム建設によるピークを迎え15,000人、その後、5年で2,500人が流出し、1970年には6700人。現在約2,000人。


2017年2月23日木曜日

2017年2月22日水曜日

2月の炭焼き-ZiVASAN online


最初の3時間は温度変化がない。これは炭材の詰め方に起因している。つまり、密に詰めたことによって空気の流れが悪かったのであろうということ。しかし、その後の温度上昇、および、閉窯に至るまでの時間が短かった。前回1月に材を入れた際に炭材上部におがくずを詰めたことで、全体への着火が早く、いい炭が出たので、今回もおがくずをさらに上部広範囲にわたって詰めた。このことが有効に働いたと考えられる。


炭窯煙突部分の温度変化です。



まだ青白い煙が出ていましたが、天井の状態が良くないので早めに閉窯しました。


1時間後に煙突側も塞ぎます。





2017年2月21日火曜日

校誌編集


北川小学校136年をまとめた校誌編集作業。
いよいよ3月20日に刷り上がる。


印刷会社とDropboxでファイル共有しての作業。


800項目近い校正・校閲のやりとりをGoogleスプレッドシートで行う。



北川小学校図書室で1901年度卒業者からの名簿の最終校正作業を編集委員で行う。


2017年2月16日木曜日

寒卵


久しぶり。