2018年7月13日金曜日

木頭の気温

夏の昼間は暑いですが、朝夕の涼しさがありがたい山里

木頭・・・昼34℃/夜21℃
 徳島・・・昼33℃/夜27℃
 京都・・・昼33℃/夜28℃
 東京・・・昼32℃/夜26℃
*Ref.  2018/7/13 https://tenki.jp/amedas/8/39/

こちらの映像で涼んでください。

2018年7月10日火曜日

木頭へのアクセスと宿


徳島駅から


土佐山田駅から


徳島阿波おどり空港から


高知龍馬空港から


【自家用車 or レンタカー】
ナビ又はGoogleMapで「山村留学センター結遊館」または「おららの炭小屋」で検索

【JR and バス】
JR時刻表はこちら
路線バスは徳島方面からのみ利用可能
・徳島駅発----川口経由----->北川着(結遊館orおららの炭小屋)・・・時刻表はこちら
*駅前のバス案内所または、南部バス本社TEL:0884-62-0006で確認のこと

【フェリー】
和歌山港から徳島港行の南海フェリー・・・時刻表はこちら

【宿泊】
ゲストハウス はなれ」(那賀町木頭出原) >>>北川より車で20分
TEL:050-8800-6103(オーナー:中野さん)

「田村旅館」(那賀町平谷) >>>車で40分
TEL:0884-67-0002

「さくらぎ旅館」(那賀町平谷)>>>車で40分
TEL:0884670024 

四季美谷温泉」(那賀町横谷字夏切3番地3)>>>車で1時間
TEL:0884-65-2116  

ゲストハウス杉の子」(那賀町寺内) >>>車で1時間10分
携帯:080-6537-9319

もみじ川温泉」(那賀町大久保字西納野4-7)>>>車で1時間
TEL:0884-62-1171  

わじき温泉」(那賀町百合字松ノ木310-1)>>>車で1時間 
TEL:0884-62-1289  

木頭までの料金と天候、通行止情報などはこちら

2018年6月24日日曜日

沖縄慰霊の日の詩

「 生きる」〜6月23日「慰霊の日」

私は手を強く握り、誓う。奪われた命に思いを馳せて。
心から誓う。
私が生きている限り、こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないことを。
全ての人間が、国境を越え、人種を超え、宗教を超え、あらゆる利害を超えて、平和である世界を目指すことを。
生きること、命を大切にできることを、誰からも侵されない世界を創ることを。
平和を創造する努力を、厭わないことを。
あなたも感じるだろう。この島の美しさを。
あなたも知っているだろう。この島の悲しみを。
そして、あなたも、私と同じこの瞬間を一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。
だから、きっと分かるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
戦力という愚かな力を持つことで得られる平和など、
本当はないことを。
平和とは当たり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
私は、今を生きている。みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。一日一日を大切に。
平和を想って。
平和を祈って。
なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。
私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、草の匂いを鼻腔に感じ、遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。
私は今、生きている。
私の生きるこの島は、何と美しい島だろう。
青く輝く海、岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、ヤギの嘶き、小川のせせらぎ、畑に続く小道、萌え出づる山の緑、優しい三線の響き、照りつける太陽の光。
私はなんと美しい島に、生まれ育ったのだろう。
ありったけの私の感覚器で、感受性で、島を感じる。心がじわりと熱くなる。
私はこの瞬間を、生きている。
この瞬間の素晴らしさが、この瞬間の愛おしさが、今という安らぎとなり、私の中に広がりゆく。
たまらなくこみ上げるこの気持ちを、どう表現しよう。
大切な今よ、かけがえのない今よ、私の生きるこの、今よ。
73年前、私の愛する島が死の島と化したあの日。小鳥のさえずりは恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、光り輝いていた海の水面は、戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から噴き出す炎、幼子の泣き声、燃え尽くされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。魑魅魍魎のごとく、姿を変えた人々。阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。
みんな生きていたのだ。
私と何も変わらない、懸命に生きる命だったのだ。彼らの人生を、それぞれの未来を。疑うことなく思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手を取り合って生きてきた、私と同じ、人間だった。
それなのに。壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。無辜の命を。当たり前に生きていた、あの日々を。
摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島のすべて。
私は手を強く握り、誓う。奪われた命に思いを馳せて。心から誓う。
私が生きている限り、こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないことを。
全ての人間が、国境を越え、人種を超え、宗教を超え、あらゆる利害を超えて、平和である世界を目指すことを。
生きること、命を大切にできることを、誰からも侵されない世界を創ることを。
平和を創造する努力を、厭わないことを。
あなたも感じるだろう。この島の美しさを。
あなたも知っているだろう。この島の悲しみを。
そして、あなたも、私と同じこの瞬間を一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。
だから、きっと分かるはずなんだ。戦争の無意味さを。本当の平和を。
戦力という愚かな力を持つことで得られる平和など、本当はないことを。
平和とは当たり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
私は、今を生きている。みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。一日一日を大切に。平和を想って。
平和を祈って。
なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。
大好きな、私の島。誇り高き、みんなの島。そして、この島に生きる、全ての命。私とともに今を生きる私の友、私の家族。
これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。真の平和を発信しよう。
一人一人が立ち上がってみんなで未来を歩んでいこう。
摩文仁の丘の風に吹かれ、私の命が鳴っている。
過去と現在。未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。
【作】中学校3年生

2018年5月3日木曜日

山里ステイ〜夏の巻2018

山里ステイのバックヤードご紹介



7/15sat
午前中の集落の道普請、井出普請のあと、
午後から北川公民館出発で「うなぎ」をとる仕掛けの餌となる「じんぞく(=ヨシノボリ)」を川でとります。その後、じんぞくとり体験用の道具「ぶったり(い)」づくりをスタッフ(株式会社Wood Headにインターンに来ている学生さんらも加わる?)でします。そして、現場チェック。

7/21sun
アメゴつかみ会場の準備とアメゴを漁協から搬入。
結遊館・北川小OB/OGのボランティアスタッフ打ち合わせ
ゆず製品の特設販売コーナー準備
12:30に受付開始@北川公民館
13:00自己紹介>投げ釣り(マイ仕掛け)づくり>川へGO・・・こんな川YouTube
*木頭出身の木頭小学校長が羽釜でご飯準備、木頭協力隊がジビエカレー準備
17:00夕食会@河原(北川グランド北側 or 北川公民館)
18:00木頭保育園での夕涼み会に参加
*結遊館・北川小OB/OGは同窓会?@結遊館

7/22mon
5:00仕掛けを上げに川へGO
結遊館見学、山村留学・移住相談会@結遊館
片付け
____________________________

交通規制のお知らせ
高知から木頭へのルートは現在通行止めです。
7/14現在、通行は地元の救急車両限定です。
詳しい情報はこちらまで
7/10現在のR195号香美市物部町別府[7/8から通行止め]


チラシPDFはこちら

おかげさまをもちまして、7月21日開催の山里ステイは定員に達しました。
今朝は晴天、朝から山々にヒグラシの声が響いています。
この度の大雨で、現在高知県側からのアクセスができなくなっておりますのでご注意くださいませ。(徳島市側からのアクセスはできます)
各地大雨の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。いまもまだ懸命な捜索、復旧作業が続けられておりますことを思い、どうか少しでも前に進むことができますよう願ってやみません。

当日、木頭のゆず関連商品特設販売いたします。

___________________________

家族で山里のくらしをぷち体験したいと思ったら

この夏休み ------> 山里ステイ夏の巻へGO


2018年7月21日(土曜日) 13時

北川公民館[徳島県那賀町木頭北川]集合 ❢ 

締切:7月10日
内容:うなぎをgetするまでを、仕掛け作り、エサとりからはじめよう。
   キャンプ、懇親会などなど
対象:家族(山村留学を検討している小学生のいる家族優先)3組
問合せ:メールの場合>>>office [at] yuyukan.net *[at]を@に
    Webから>>>問い合わせフォームはこちら
    電話の場合>>>0884-69-2717 (留守の場合は留守電に名前と連絡先を録音)

ボランティアスタッフも募集中この機会に地域を知って下さい】
・結遊館スタッフとして活動してみたいという方
・結遊館を拠点に、看護師、薬剤師、医師、介護福祉士、社会福祉士などの資格を有する方で将来、等身大の訪問看護事業をしてみようとお考えの方
・赤ちゃんやこども、高齢者が暮らしよい地域づくりにトライしようとお考えの方

詳細は後日、このブログにて発表。

過去の山里ステイはこちら
結遊館Facebookはこちら
結遊館Webサイトはこちら

_______________

2018年4月7日土曜日

2018年3月19日月曜日

椎茸の駒菌打ち






コメントなしです。

準備中のWeb Museumで・・・。