yamanonpo-bottom

2017年4月16日日曜日

17回目の総会


もうすぐ90の慶兄炭小屋会長の愛用するユンボにふーちばー。
今日はカズ兄とヨリ兄2人で原木整理をすべてやってのけてしまった。

 

暑かったのでカズ兄が途中で思い出して、自分で作った蓑笠をかぶり原木整理。
カズ兄は炭小屋のブリコルールTOP2。


カズ兄のシリカワ
マミタの毛は杉芝がひっつかない。

来週日曜4月23日から炭窯の天井修復作業に入る。

まず、赤土をクロンタの山から取って来る。
窯の内と外に足場を組む。
杉皮の屋根を解体し、仮設の屋根にする。

作業しながら様々なブリコラージュに出会えるかもしれません。
参加希望者、募ります。



2017年4月7日金曜日

新電力

3月電気使用量

ブリコラージュ〜薪・ロープ




薪割りとロープワークをおららの炭小屋の慶兄と日出さんから学ぶ。
この4月に那賀町に越されて来た木沢と木頭のコミュニティマネージャーミニ研修。
40kg分の炭材[カシ、ケヤキ、サクラ]ができました。

2017年4月6日木曜日

ものづくりの数学のすすめ


本が届いた。
同じ研究室(といっても2人だけの小さなゼミ)だった友達が2冊目の本を出した。前回は完全に数学書(「線型代数学周遊 ~応用をめざして~」)だったが、今回は一般書である。

ものづくりの数学のすすめ 技術革新をリードする現代数学活用法」

とても興味深い内容。

2017年4月5日水曜日

水をあてる


アメゴの稚魚3,000匹。
慶兄とまーちさんが水槽をきれいにしてくれた。
体長3~5cmの稚魚は排水口(写真左上の赤レンガ部分)から出てしまわないように工夫もしてある。しかし、雨量が少なかったので「水あて」に行かねば・・・ということで。



2017年4月4日火曜日

生活者の記憶を記録


福島県から視察に来られたご夫妻に短時間だったが深い示唆をいただいた。
「ケヤキにはコツキとイシキの二種類がある」と木頭のじいはいう。この言説は文献にはないので、炭小屋に来られた方々にはよく話している。この生活者の記憶は非常に重要で、いわゆる文献に重きをおく研究者には、バグとして処理されることが多いという。

木頭村に関する調査も短時間ながら情報量が半端ではない。
>>>http://kanke2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-aa0d.html


2017年3月30日木曜日

法務手続き


AIの時代になれば法務、税務などの手続きは、司法・行政書士、会計・税理士を必要としなくなると言われている。確かに、論理的に構成し、処理できればいまでも単純なケースであればDIY可能。ネットを検索すれば大体のことはできるようになっている。クッキングから大工、パソコンソフト、場の量子論も学ぶことができる。

ところが・・・。

レギュレーションを「勉強」しないと落とし穴?がこの世の中には多々ある。

法務局からの電話・・・「先日の変更申請登記完了いたしました。後日、裁判所から通知が行くと思います」

会社法[会社法976条1号]というのがあり、興味があろうがなかろうが知っていなければならないということ。憲法も同じはずだが、解釈を勝手に変えてしまう風潮を許してはならない。

2017年3月18日土曜日

これがみな子どもじゃったら


北川小学校が3月26日に休校になるので、みんなで掃除。
ハンさんが作業中にひとこと・・・・「これがみなこどもじゃったらええのにのぅ」

2017年3月7日火曜日

ドキュメンタリー映像 Say NO!


「ニッポン・戦争・私」という言葉からイメージされる3分間の映像を公募し、集まった作品を全て無審査でつなぎ合わせてオムニバス作品にするというビデオアクトが過去3回にわたって企画した『ニッポン・戦争・私』シリーズの英語字幕版。全33作品収録。ニッポンコネクション映画祭、バルセロナアジア映画祭に出品。
★収録作品
Say NO!/Takayuki GENBA
購入はこちらまで

2017年2月25日土曜日

映像〜ふたりの桃源郷


十三で上映25分後から観た。
連れ合いと自分の親、木頭のじいとばあが非常にmultiplet

観客は15人ほどしかいなかった。
みたらし団子屋(喜八洲総本舗)の列より少ない。
むかし父親がよく買ってきた味と今は違うようなきがする。
量質転化の法則か?
七芸の横の永楽堂(「百年は続いてるがそれだけです」と店員さん)で並ばずに和菓子購入。

閑話休題。

・・・





2017年2月24日金曜日

過疎の先進地 物部

2017年2月23日高知市市民活動サポートセンターでの元香美市地域づくり支援員・矢野さんの講演のメモから一部。

物部について
1956年に槙山村上韮生村が合併し物部村となり、2006年に土佐山田町、香北町と合併し香美市物部町となる。柚玉の生産量は全国一。
いつから人がくらしていたか

1588年に著された「長宗我部地検帳」には、槙山村178軒。1400年代から物部には人が暮らしていたという。



江戸時代は7,000人、森林軌道が整備され始めた1910年代に12,000人、1950年にダム建設によるピークを迎え15,000人、その後、5年で2,500人が流出し、1970年には6700人。現在約2,000人。


2017年2月23日木曜日

2017年2月22日水曜日

2月の炭焼き-ZiVASAN online


最初の3時間は温度変化がない。これは炭材の詰め方に起因している。つまり、密に詰めたことによって空気の流れが悪かったのであろうということ。しかし、その後の温度上昇、および、閉窯に至るまでの時間が短かった。前回1月に材を入れた際に炭材上部におがくずを詰めたことで、全体への着火が早く、いい炭が出たので、今回もおがくずをさらに上部広範囲にわたって詰めた。このことが有効に働いたと考えられる。


炭窯煙突部分の温度変化です。



まだ青白い煙が出ていましたが、天井の状態が良くないので早めに閉窯しました。


1時間後に煙突側も塞ぎます。





2017年2月21日火曜日

校誌編集


北川小学校136年をまとめた校誌編集作業。
いよいよ3月20日に刷り上がる。


印刷会社とDropboxでファイル共有しての作業。


800項目近い校正・校閲のやりとりをGoogleスプレッドシートで行う。



北川小学校図書室で1901年度卒業者からの名簿の最終校正作業を編集委員で行う。


2017年2月16日木曜日

寒卵


久しぶり。

2017年2月15日水曜日

DIY講座/ブリコラージュ#1〜非効率な学びの場

ZiVASAN onlineブリコラージュ#1

熱源を確保するために炭があります。昔から薪に比べて貴重なものでしたが、炭を作るまでの過程において、山のじぃ(ブリコルール)たちの様々な知恵を見ることができます。
ブリコルールは、限定された手元にある道具と資材だけで何かの役に立つものを創造することができる観察力、洞察力、構成力をもった人たち。
今回は「薪割り☓炭出し☓炭焼き」という一連の作業過程を共に経験する(見学や講習などではありません)ことでブリコルールの知恵(じいのちえ)の一端にふれてみようということです。


日時:
2017年2月15日Wed 13:00~ 薪割り
2017年2月18日Sat  9:00~ 炭出し
2017年2月19日Sun 9:00~ 炭焼き(20~21日まで炭窯の管理)


参加申し込み・お問い合わせ:info「at」zivasan.com  (「at」を@に)


       

2017年2月12日日曜日

The Times They Are A Changin'


地域の会合に遅刻して参加。
座るといきなり捕ったばかりのイノシシの肉が箸とともにまわってきた。
話題は棺桶から合州国大統領(レームダック化濃厚)の話まで。

そこで地域の最高齢者であったアキオジが亡くなったと聞く。
連れ合いが校誌の聞き書きで、ついこの前話を聞いたところだ。

この集まりももう何年になるだろうか?
メンバーはかなり世代交代している。

限界集落真っ只中にあって、いろんな希望も当然ある。
春には若者がまた都会から加わってくれる。



2017年2月11日土曜日

スマートメーター


ほんの5分ほどで四国電力のアナログメーターからGenesysスマートメーターに交換。12日後から伊方原発を有する四国電力から脱。

30分間隔で使用電力データが近くの電信柱の受信機に発信されるという。


2017年2月3日金曜日

電力会社を変えてみる

60年ほど前までは木頭村では小水力発電が集落にあり電力も自給自足であった。
四国では伊方原発を稼働させている四国電力がある。東芝や三菱、日立などの大企業の原子力部門は商売として成り立たず、会社自体を危機に晒している。技術的に維持できない発電方法を採用し続けている電力会社には不安を覚える。
そこで、地元のガス会社が「電気はじめました」というチラシが入っており、早速乗り換えた。

電力会社を変えるのは非常に簡単。
ちなみに洸陽電気という電気小売会社。
http://www.koyoelec.com

木頭北川地域には阿南高専が作った小水力発電装置があるし、熱源としてはおららの炭小屋の炭もある。かつての「自給する知恵」を再び学び、よりスマートなエネルギーを地域で賄えるようになればと思う。

2017年2月1日水曜日

鶴亀算と行列

土曜日は学校が休みでクラブ活動でもしているのだろうと、前職場に行ってみた。
すると駐車場には多くの車。中学校の制服採寸と懇談、高校は某運動部の試合。教職員は全員出勤だった。そこで元同僚らとあちこちで話をした。その中で「今、数学で行列は教えない」という"最新"情報を耳にする。

確かに・・・学習指(数学)

次の日、友人が連載している雑誌(「牛刀割鶏:現象を数学で表すこと」 松谷茂樹)で鶴亀算と線形代数の記事を読む。

行列の基本変形:
  • 2つの行を入れ替える
  • 1つの行をa倍する(a≠0)
  • 1つの行をa倍して他の行に足す
これらの操作を繰り返すことで連立方程式の解が求まる。
つまり、鶴亀算の本質が行列の対角化の操作ということになる。

われわれは抽象化することでより機能的な思考方法を手に入れることができる。
簡単な基本原理から複雑系を読み解き前に進む。
あるいは、複雑系からより普遍的な原理を見出し、他へ応用する。

鶴亀算や出題パターン毎の解法の暗記だけの教育はもう限界に来ている。
既存の枠にハマらない、ハメない、より自由な思考が可能となりますように・・・。

http://www.gensu.co.jp/gekkan_print.cgi?date=201702

ZiVASAN online"木×火×水”〜カジ蒸し

「とくしま集落再生プロジェクト」その後



山の生活の知恵と技術を共有するオンライン講座“ZiVASAN Online”
(ZiVASANプロジェクト)

2007年度に高知県のNPO法人と文科省委託事業を実施したのを皮切りに、2012年度に「地域の教育力」に焦点を当て、2015年度に徳島県の助成事業に採択されて始まったのがこのonline講座

そして、その後は・・・。

2016年度は、'15年度のインターン参加者が地域おこし協力隊として移住し、地味ではあるが地域との親和性、当事者性を重視した活動を行っている。地域団体が設立した施設の運営に携わりつつ「地域を知り」、さらにインターンを受入れることで地域の内と外の相互作用を促す場をコーディネート。online講座は「衣食住+生業の自給自足を少しでも」というテーマで、専門家(業者)に依存するのではなく、できるだけ自分でやってみることで「自分でやれるんだ」という自信につなげるという主旨で断続的に実施している。

http://ow.ly/5kO4308yZEN

______________________________


写真は、夏に明治学院大学国際学部国際キャリア学科のインターン学生と神戸のこども自然観察団体「ひょうご自然教室」のリーダーたちとともに木頭地域マネージャー(那賀町地域おこし協力隊)がコーディネートした石臼ワークショップ。[2016年8月6日山村留学センター結遊館にて]



上記のワークショップで学んだ石臼を利用して、地元の小学校で開催された地域の夏祭り「奥木頭ふるさと祭」に神戸の団体が参加。(このように当事者性と地域との親和性の高いワークショップを地域マネージャーが実施してくれました)


2017年1月23日月曜日

身近な物質

最近、身近な高齢者で肺を患ってられる方が多いように思う。

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/4/9/9/499c0cca491ff12e2bc6870aa062e7cb.pdf

夜が暗い理由

宇宙には輝く星がまさに星の数ほどある。
地球に届く星の明るさは距離の2乗に反比例(~1/r^2)するから、例えば2倍の距離になると1/4になる。しかし、面積(球の表面積=4πr^2)は4倍になるので、相殺され同じとなり、星に照らされ夜でも明るいはず。しかし、夜は暗い。
いまから約90年ほど前に宇宙が膨張していることが観測され、その後、地球にまだ届いていない星の光があることがわかった。宇宙誕生(宇宙の年齢:137億年)時の光を我々は知らない。

夜は暗い理由もそう簡単ではない。


2017年1月21日土曜日

charcoal kiln

we are "olala no sumigoya".

1月炭焼き

2017年1月21日、今年最初の炭出し。
比較的ましな炭が出たが、窯の天井が気になるところ。
昨年末は古い方の窯を修復するとしていたが、新しい方のこの窯をやり直すこととなった。天井の赤土は再利用できるので、山から取って来る天土は少なくていい。
明日22日も「おららの炭小屋」で炭切りと原木整理。

炭小屋は、ブリコラージュの学びの場。





2017年1月20日金曜日

脱Facebook〜まずブログに戻る


facebookをついつい見てしまう習慣から脱しようと、試行錯誤しています。まずはブログに戻ればどうかということで、IFTTTを利用して“ずるい”ですがtwitterとfacebook pageに自動投稿できるようにしました。まだ使い方がよくわかっていないので、徐々にAppletをいじくってみようと・・・。

修復

あすの炭焼き作業の前にタマネギの追肥(一昨年、鶏小屋に落ち葉を大量投入し、昨年取り出した腐葉土)をするために畑へ。そしたらいろんな「修復」すべきものが。



畑が凍ったあとは放ってはおけない。



崩れたら直さないといけない。

DIY講座

Do it yourself 講座
衣食住+生業の自給自足をほんの少しでも
________________________________


専門の方にお願いするのではなく、できるだけ自分でやってみようとお考えの方のための講座。

経費削減効果は元より「自分でやれるんだ」という自信につながればと考えます。そのため演習形式の講座にしています。

1月は、Web概論、無料Webサイト作成、AdobeでDTP、青色申告編を、木頭地区の地域おこし協力隊の方々と実施しました。レジメはこちら

2月は、Googleドキュメントの申し込みフォーム、表計算スプレッドシートなどの作成と共有について、AdobeでDTP[特別講師招聘]、ビデオ編集編などを予定しています。

春からは、外に出て「ブリコラージュ」を共に学びましょう。

https://yamanonpo.blogspot.jp/2017/01/diy.html

______________________________

*公的立場[企業、役場]で参加される方は、研修負担金として一講座@3000円[請求払いも可能]です。

*受動的に講座を進めるのではなく、アクティブ・ラーニング(能動的学修)で実施したいと思います。

*遠隔地の場合は、スカイプ、facebookビデオ通話、ハングアウト、appear.inでも参加できます。

*各自のパソコンやタブレット、スマートフォンをお持ちください。


______________________________

2月以降の講座への参加を検討される方は、次のフォームに開催希望日時や内容などをお書きください。開催場所や定員、受講料など詳しい情報を折り返しお知らせします。



2017年1月19日木曜日

数字にできない山村留学


 テストの点数もそうですが、数字は客観的な物差しのように思えますが、実は子ども一人一人の幸せを表現することはできません。例えば、かけがえのない人との出会いがタネとなり、いつか芽吹き、大地にしっかりと根を張るかも知れないのです。山村留学には、数字では表現されない多くの大切なことが詰まっています。

旧木頭村全域で「山村留学」を進めていこうということが今週はじめに話し合われました。まずは山村留学センター結遊館のスタッフとそれをバックアップする地域の態勢づくりです。今月末まで、この取組に地域おこし協力隊として関わっていただける方を募集しています。詳細はこちら


脱facebook〜その1

ブログ投稿でfacebookページが自動更新するように設定しました。

薪ぶろ

薪ぶろにはなくてはならない「さな」。
「ロストル」ともいう。

むかしの知恵


「おしめをかわにながしよる」ーーー正月のしめ縄を川に流す風習がある。
もちをワラに包んで玄関先につるしておくと、夜に子どもたちがそれをとりにくる。
ハロウィンのような風習がむかしはあったそうな。

2017年1月7日土曜日

那賀町地域おこし協力隊2次募集 [受付1/10〜31]

・・・・・・・・応募締め切り・・・・・・・・

【転載/シェア歓迎】


山村の自然を利用した暮らしや互酬を調査し、次世代が当事者性をもって学ぶことのできる仕組み作りを地域の人々と共に担っていただける方を募集します。具体的には、地域おこし協力隊として山村留学山櫻再生炭焼き太布織、聞き書き[高齢者に伝統的な農法や生活技術の聞き書きと地域で暮らしてゆくための課題を探る]などに関わることで、教育的福祉的観点から地域で子どもも高齢者も「豊かに」暮らすモデルを、小さなことから地道に実践できたらと考えています。

以上のことを担っていただける方を木頭地区①〜③では最低2名、今回応募いただけたらと考えています。

応募を検討してくださる方はご連絡願います。当地をご案内させていただきます。

一般社団法人 イコールラボ
玄番真紀子
玄番隆行


_____________________________

募集要項はこちら

協力隊設置要綱はこちら

募集概要チラシはこちらをクリック


● 活 動 概 要 

[1]【上那賀地区担当 2名】 18 歳以上 50 歳以下   

受入団体:NPO 法人 阿波農村舞台の会  

① 農村舞台の保存・活用に関する活動    

上那賀地区の農村舞台を中心に、人形浄瑠璃と音楽やダンスとのコラボレーションなど、これまでにない柔軟な発想で事業展開を図っていただきます。  

② 都市との絆づくりに関する活動    

那賀町の農村舞台で作ったコンテンツを町外で公演したり、都会のものを農村舞台に持ち込むなど都市部と結びつける活動を行なっていただきます。

 [2]【木頭地区担当 3 名】18 歳以上 55 歳以下    

受入団体:一般社団法人イコールラボ ①~③  

① 山櫻の郷創生プロジェクト    

生物多様性、低酸素化社会の実現を目指し、山櫻の苗木育成、植樹、山櫻名所づくりのほか、普及啓発や地域振興のための各種イベントに主要スタッフとして活動していただきます。  

② 暮らしから学ぶ教育プロジェクト    

山村留学センター結遊館を拠点に、宿泊管理のほか地域の教育力を活かし子どもたちとの体験活動、移住希望者を受け入れるためのマネジメント、小学校休校校舎の利活用に関して中心となって活動していただきます。  

③ 記録伝承プロジェクト    

山村に残された生活文化や自給的な暮らしを映像や写真などで記録し、小さく循環する等身大の暮らしをビジュアル化して次世代に伝えるためのプロジェクトです。   

受け入れ団体: 株式会社アース・ヴィジョン ④~⑤ 

④ ブランド開発、認知拡大のためのイベントの企画プロデュース   

関東のスタッフと連携して、木頭地区で実施している山村体験イベントや柚子フェスイベント、関東での那賀町ふるさと会などの企画プロデュース業務を行っていただきます。

⑤ 情報サイト「ぬくいぜんか」のコンテンツ企画開発・運営    

那賀町の各種情報をとりまとめ、首都圏等へ情報発信するプロジェクトや通信販売の企画・運営を行っていただきます。

 [3]【木沢地区担当 3 名】 18 歳以上 50 歳以下   

受入団体:合同会社 杉の子 

① ゲストハウス運営・体験メニュー補助プログラム   

ゲストハウス杉の子運営補助スタッフとして日常管理や調理補助に携わっていただくほか、保存食作りや郷土料理などの生活文化を学ぶ体験メニューを共同企画していただきます。 

② 自然体験メニューの企画実践プログラム   

登山や鍾乳洞探検、ツリークライミングやシャワークライミングなど、自然体験プログラムの共同企画および実践をしていただきます。  

③ 地域マネジメント実践プログラム    

建築系学生のインターンシップ企画実践や協力隊育成研修サポートを通して、地域マネジメントのノウハウを学んでいただきます。  

④ 放置柚子の収穫・管理代行プログラム   

高齢で管理の行き届かなかった放置柚子の収穫・代行管理などを模索し、継業のナリワイづくりに取り組んでいただきます。  

⑤ 地域資源の振興に関する活動   

西日本第二の標高を誇る霊峰剣山の南側に位置し、多くの名瀑を有する当該地において、(株)四季美谷温泉が実施する観光事業の PR、ツアー企画等に従事していただきます。

 [1]~[3] 共通に、上記以外で自らが企画提案する地域おこし活動

_____________________________________________________________________
● 活動に要する経費 給与以外に活動に要する経費(活動旅費、作業道具等の消耗品費、関係者間の調 整などに要する事務的な経費、研修等の経費など ) 上限 200 万円
_____________________________________________________________________
● 採用形態は以下より選択
【固定型】 那賀町臨時職員(地方公務員)
週 38 時間 45 分 (1日につき 7 時間 45 分/時間外勤務は振替可能)

【フレックスタイム型】 那賀町非常勤嘱託職員 
月 11 日間(約 85 時間)~ 15 日間(約 116 時間)(協議により決定)
_____________________________________________________________________
*応募者の現住民票が応募可能地域かどうかは役場に直接、お問い合わせください。
*必ず那賀町Webサイト(協力隊募集バナー)より、募集要項をご確認ください。
募集期間中に希望する地域へ一度見学にお越しください。
→木頭地区については結遊館おららの炭小屋山櫻プロジェクト会など様々な地域団体の方々と活動内容をご紹介します。役場事務局(senryaku@town.tokushima-naka.lg.jp)または、イコールラボへお問い合わせください。