yamanonpo-bottom

2017年7月11日火曜日

木頭地区報告会


お問合わせは、イコールラボまで

北川公民館から畑を通って、北川農村舞台、おららの炭小屋。
炭小屋から船谷の旧トンネルを見学し、山仕事現場後を見て、帰りに水晶探しながら船谷を脱出。
結遊館へ、協力隊の田んぼ[用水の話]など。

結遊館のこどもらとはよく船谷川を遡上し、ロープを持って行ったものです。
トンネルでは昼間でも肝試し状態。

今回は大人バージョンなので、炭焼や林業の実際などの要素を入れようかと思っています。


2017年7月7日金曜日

山里ステイ〜夏の巻2017

参加申込みは7/26に締め切りました
1家族5名参加していただきます。
[結遊館Facebookページから応募]
山里ステイ8/4の様子はこちらの投稿でアップします。
_______________________

①当日の川遊びについて
当日は、地元の木頭小学校児童26名と一緒に川遊びとなります。かなり賑やかになります。昔、川で遊びまわった地域の方が、色々と仕掛けを考えていますのでお楽しみに。ぜひ、川と思いっきり戯れ、地域の子どもたちと交流していただけたらと思います。

②持ち物について
・参加費(大人1000円/1名、子ども500円/1名)をご準備ください。

川遊びについて、以下のものがあるといいです。
濡れても良い服装(水着、上に長袖を着る場合は、綿製の服は、なかなか乾かず体温が奪われるので、速乾性のある化繊のものがおすすめです)
サンダルか濡れても良い靴(かかとが固定されているものが良いです)
ゴーグル(川の透明度が高いので綺麗ですよ)
帽子(晴れると日差しが強いです)
タオル
飲み物

③木頭の環境(参考までに)
コンビニはありません。
自動販売機は、結遊館の近くにあります。
個人商店は、木頭内に数件あります。内1件は結遊館から徒歩1分の場所にあります。小さくて可愛いお店です。
病院は、診療所があります。(車で20分)
結遊館で、Wi-Fi使えます。
自然はいっぱいあります。
結遊館までの道のりは、以下を参照ください。
道中、川の流れる向きを気にしながら、季節の花々(ピンク系が咲いているかも)を楽しみながら、お気をつけてお越しください。

不明な点などありましたら、何でもお聞きください。
返信お待ちしています。


山里ステイ・スタッフ/那賀町地域おこし協力隊
植木弥生(まーち)
_______________________________


北川小学校が休校となり、子どもたちは10km下流の木頭小学校に春から通っています。山村留学制度は木頭小学校でも継続することとなり、山村留学・家族留学希望者のための地域を知っていただくための体験留学イベント【山里ステイ】を今年も実施します。
木頭小学校全学年26名も参加する「川遊び」がメインイベント。学校の子供達、先生、保護者、地域の方々も一緒に、子どもたちと木頭の夏のひとときを楽しみます。ソーダ色の川にきっと子どもたちはびっくりします。その川に飛び込む勇気も出てきます。その勇気で新しい友達もできると思います。同年齢の友達だけじゃなく、木頭のじいちゃん、ばあちゃんとも仲良くなれます。木頭のじいとばあから学ぶことは、子どもたちの生きる力になります。

[スケジュール]
8/4 (金)
9:30  木頭北川体育館前*で受付
     *徳島県那賀郡那賀町木頭北川字いもじ屋敷7番地

10:00 川遊び開始(ターザンロープ、水鉄砲、ボディーボード)    
    昼食
14:00 川遊び終了    
    山村留学センター結遊館見学
17:00 木頭交流センターで懇親会(食費別途)
20:30 全員で後片付け後、解散    
    *宿泊希望はご相談下さい。

[参加費]大人1,000円、こども500円、幼児無料*懇親会費、宿泊費は含まれません。
[締切]2017年7月28日(水)
[募集人数]山村留学(小学生)、家族留学を検討されている3家族まで
[主催]
山村留学センター結遊館、木頭小学校、木頭小学校山村留学推進委員会、木頭小学校PTA
[協力]那賀町地域おこし協力隊
[申し込み方法]
木頭小学校山村留学推進委員会事務局
電話 0884-68-2101 (村田教頭)
FAX 0884-68-2675
Email office (a) yuyukan.net  *(a)を@に
このブログ下の参加申込フォームでも受付。

[応募申請内容]
・お名前・お子さんの学齢・住所・連絡先(電話、メール等)・参加者の生年月日(保険契約で必須)・参加理由(応募者多数の場合は参加理由等で判断させていただきます)
[これまでの山里ステイ情報]http://ow.ly/rjJm30dqgcE
[今後の山里ステイに関する情報]

https://www.facebook.com/yuyukan.net/

http://yuyukan.net

2017年6月17日土曜日

社協・夏のエコライフ体験@炭小屋

身近にあるものを利用する知恵を学ぶ〜ブリコラージュ

竹食器づくり(箸、器、串を素材[竹]から自分で作ります)
アメゴさばき(アメゴを捌き、串に挿して塩焼き等)
麦挽き(小麦を石臼で挽いて水団、麦団子づくり)
薪で飯炊き(薪割りから御飯炊まで)
一本乗り(一本乗りの仕事のお話から実践まで)
炭出し(炭窯の構造から炭出し、炭切り作業まで)

以上、炭小屋メンバーから那賀町内の小中学生がブリコラージュを学びます。

<予定>
日時場所:2017年8月18日(金)おららの炭小屋
9:30バス到着
午前:竹食器[箸、器、串]、アメゴさばき、麦挽き、飯炊き
午後:一本乗り、炭出し
15:00終了
参加者:相生小中、上那賀中、木頭中生徒および教職員20〜30名
準備物:作業用手袋、マスク、水に濡れていい靴、着替え、水筒、切れもの(ノコ・ナタ、肥後守)、盆明けはテジ(アブ)が多いので長袖

2017年6月7日水曜日

買い換えずに古いMacを活かす〜内蔵HDの交換

6年前のMacBook Pro[以下、MBP]。
ハードディスクの空き容量も少なくなり、なぜか起動、終了にも時間がかかり、以前は普通にできてたビデオ編集(Final Cut Express )も実用に程遠い処理速度。

新しいMacを購入する余裕はないので、バッテリー(充電回数は1,000回超え)と内蔵HDDを交換した。*バッテリーの交換は容易いので省略する。


  1. 外付けHDに接続しTimeMachineで現在の内蔵HDDをバックアップしておく
  2. 現在のMacにあった内蔵HDD(処理速度の早いSSDも同様)を新しく購入する。
  3. 外付けHDDケースと精密ドライバーとT6ドライバーを購入する。
  4. 新しい内蔵HDDをHDDケースに入れフォーマットとOSのインストールを行う。
  5. MBPの本体カバーを外す。       
  6. 上部のネジを外し、コネクターを外す。        
  7. 新しいHDDに交換。        

HDDなどの購入費用1万円ほどで、新しいMacになった感じ。

HDDまたはSSDの購入からHD交換までの作業委託はイコールラボまでお問い合わせ下さい。




2017年5月24日水曜日

焚口の修復

もうすぐ巣立ち?

焚口の修復工事前2017/5/24

焚口に用いられていた古いレンガは窯周辺[写真下]に再利用予定

焚口の修復をしつつ、窯周辺から作業

山から採取した赤土の根をとる作業

左が耐火レンガ 

土木が基本の炭窯改修工事

ナガセ[梅雨]までに仕上げたいが・・・。

この工程についてはこちら

2017年5月23日火曜日

2016年度木頭インターンシップ

2016年夏のインターン冊子ができました。

こちらをクリック

2011年から実施しているインターンシップ。
企業インターン[研修]とはかなりスタンスが異なります。

地域おこし協力隊がプロジェクト参加してからは、実質的に協力隊の活動[仕事]のインターンとなっています。

コンセプト
2016年インターンnote & 冊子
2015年インターンイベント & レポート
2014年インターンnote
2013年インターン発表スライド
2012年インターン報告会[Ustream]
2011年インターン内容と感想



2017年5月6日土曜日

ブリコラージュ〜炭窯の天井づくり

前回2008年の改修工事/周りの間知[けんち]ブロックは、廃棄されていたものを再利用
今度で2度目の改修工事
約8年ごとに窯天井をやり直していることになる。

前回の改修工事の動画はこちら
工程の概要はこちら

6/10~11
・前回の天井解体状況からこれからの作業工程の検討
・炭材の原木整理や木屋周辺草刈り作業
















5/13~14
・足場づくり
・炭窯天井および焚口解体作業



2017年4月16日日曜日

17回目の総会


もうすぐ90の慶兄炭小屋会長の愛用するユンボにふーちばー。
今日はカズ兄とヨリ兄2人で原木整理をすべてやってのけてしまった。

 

暑かったのでカズ兄が途中で思い出して、自分で作った蓑笠をかぶり原木整理。
カズ兄は炭小屋のブリコルールTOP2。


カズ兄のシリカワ
マミタの毛は杉芝がひっつかない。

来週日曜4月23日から炭窯の天井修復作業に入る。

まず、赤土をクロンタの山から取って来る。
窯の内と外に足場を組む。
杉皮の屋根を解体し、仮設の屋根にする。

作業しながら様々なブリコラージュに出会えるかもしれません。
参加希望者、募ります。



2017年4月7日金曜日

新電力

3月電気使用量

ブリコラージュ〜薪・ロープ




薪割りとロープワークをおららの炭小屋の慶兄と日出さんから学ぶ。
この4月に那賀町に越されて来た木沢と木頭のコミュニティマネージャーミニ研修。
40kg分の炭材[カシ、ケヤキ、サクラ]ができました。

2017年4月6日木曜日

ものづくりの数学のすすめ


本が届いた。
同じ研究室(といっても2人だけの小さなゼミ)だった友達が2冊目の本を出した。前回は完全に数学書(「線型代数学周遊 ~応用をめざして~」)だったが、今回は一般書である。

ものづくりの数学のすすめ 技術革新をリードする現代数学活用法」

とても興味深い内容。

2017年4月5日水曜日

水をあてる


アメゴの稚魚3,000匹。
慶兄とまーちさんが水槽をきれいにしてくれた。
体長3~5cmの稚魚は排水口(写真左上の赤レンガ部分)から出てしまわないように工夫もしてある。しかし、雨量が少なかったので「水あて」に行かねば・・・ということで。



2017年4月4日火曜日

生活者の記憶を記録


福島県から視察に来られたご夫妻に短時間だったが深い示唆をいただいた。
「ケヤキにはコツキとイシキの二種類がある」と木頭のじいはいう。この言説は文献にはないので、炭小屋に来られた方々にはよく話している。この生活者の記憶は非常に重要で、いわゆる文献に重きをおく研究者には、バグとして処理されることが多いという。

木頭村に関する調査も短時間ながら情報量が半端ではない。
>>>http://kanke2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-aa0d.html


2017年3月30日木曜日

法務手続き


AIの時代になれば法務、税務などの手続きは、司法・行政書士、会計・税理士を必要としなくなると言われている。確かに、論理的に構成し、処理できればいまでも単純なケースであればDIY可能。ネットを検索すれば大体のことはできるようになっている。クッキングから大工、パソコンソフト、場の量子論も学ぶことができる。

ところが・・・。

レギュレーションを「勉強」しないと落とし穴?がこの世の中には多々ある。

法務局からの電話・・・「先日の変更申請登記完了いたしました。後日、裁判所から通知が行くと思います」

会社法[会社法976条1号]というのがあり、興味があろうがなかろうが知っていなければならないということ。憲法も同じはずだが、解釈を勝手に変えてしまう風潮を許してはならない。

2017年3月18日土曜日

これがみな子どもじゃったら


北川小学校が3月26日に休校になるので、みんなで掃除。
ハンさんが作業中にひとこと・・・・「これがみなこどもじゃったらええのにのぅ」

2017年3月7日火曜日

ドキュメンタリー映像 Say NO!


「ニッポン・戦争・私」という言葉からイメージされる3分間の映像を公募し、集まった作品を全て無審査でつなぎ合わせてオムニバス作品にするというビデオアクトが過去3回にわたって企画した『ニッポン・戦争・私』シリーズの英語字幕版。全33作品収録。ニッポンコネクション映画祭、バルセロナアジア映画祭に出品。
★収録作品
Say NO!/Takayuki GENBA
購入はこちらまで

2017年2月25日土曜日

映像〜ふたりの桃源郷


十三で上映25分後から観た。
連れ合いと自分の親、木頭のじいとばあが非常にmultiplet

観客は15人ほどしかいなかった。
みたらし団子屋(喜八洲総本舗)の列より少ない。
むかし父親がよく買ってきた味と今は違うようなきがする。
量質転化の法則か?
七芸の横の永楽堂(「百年は続いてるがそれだけです」と店員さん)で並ばずに和菓子購入。

閑話休題。

・・・





2017年2月24日金曜日

過疎の先進地 物部

2017年2月23日高知市市民活動サポートセンターでの元香美市地域づくり支援員・矢野さんの講演のメモから一部。

物部について
1956年に槙山村上韮生村が合併し物部村となり、2006年に土佐山田町、香北町と合併し香美市物部町となる。柚玉の生産量は全国一。
いつから人がくらしていたか

1588年に著された「長宗我部地検帳」には、槙山村178軒。1400年代から物部には人が暮らしていたという。



江戸時代は7,000人、森林軌道が整備され始めた1910年代に12,000人、1950年にダム建設によるピークを迎え15,000人、その後、5年で2,500人が流出し、1970年には6700人。現在約2,000人。


2017年2月23日木曜日

2017年2月22日水曜日

2月の炭焼き-ZiVASAN online


最初の3時間は温度変化がない。これは炭材の詰め方に起因している。つまり、密に詰めたことによって空気の流れが悪かったのであろうということ。しかし、その後の温度上昇、および、閉窯に至るまでの時間が短かった。前回1月に材を入れた際に炭材上部におがくずを詰めたことで、全体への着火が早く、いい炭が出たので、今回もおがくずをさらに上部広範囲にわたって詰めた。このことが有効に働いたと考えられる。


炭窯煙突部分の温度変化です。



まだ青白い煙が出ていましたが、天井の状態が良くないので早めに閉窯しました。


1時間後に煙突側も塞ぎます。





2017年2月21日火曜日

校誌編集


北川小学校136年をまとめた校誌編集作業。
いよいよ3月20日に刷り上がる。


印刷会社とDropboxでファイル共有しての作業。


800項目近い校正・校閲のやりとりをGoogleスプレッドシートで行う。



北川小学校図書室で1901年度卒業者からの名簿の最終校正作業を編集委員で行う。


2017年2月16日木曜日

寒卵


久しぶり。

2017年2月15日水曜日

DIY講座/ブリコラージュ#1〜非効率な学びの場

ZiVASAN onlineブリコラージュ#1

熱源を確保するために炭があります。昔から薪に比べて貴重なものでしたが、炭を作るまでの過程において、山のじぃ(ブリコルール)たちの様々な知恵を見ることができます。
ブリコルールは、限定された手元にある道具と資材だけで何かの役に立つものを創造することができる観察力、洞察力、構成力をもった人たち。
今回は「薪割り☓炭出し☓炭焼き」という一連の作業過程を共に経験する(見学や講習などではありません)ことでブリコルールの知恵(じいのちえ)の一端にふれてみようということです。


日時:
2017年2月15日Wed 13:00~ 薪割り
2017年2月18日Sat  9:00~ 炭出し
2017年2月19日Sun 9:00~ 炭焼き(20~21日まで炭窯の管理)


参加申し込み・お問い合わせ:info「at」zivasan.com  (「at」を@に)


       

2017年2月12日日曜日

The Times They Are A Changin'


地域の会合に遅刻して参加。
座るといきなり捕ったばかりのイノシシの肉が箸とともにまわってきた。
話題は棺桶から合州国大統領(レームダック化濃厚)の話まで。

そこで地域の最高齢者であったアキオジが亡くなったと聞く。
連れ合いが校誌の聞き書きで、ついこの前話を聞いたところだ。

この集まりももう何年になるだろうか?
メンバーはかなり世代交代している。

限界集落真っ只中にあって、いろんな希望も当然ある。
春には若者がまた都会から加わってくれる。



2017年2月11日土曜日

スマートメーター


ほんの5分ほどで四国電力のアナログメーターからGenesysスマートメーターに交換。12日後から伊方原発を有する四国電力から脱。

30分間隔で使用電力データが近くの電信柱の受信機に発信されるという。