yamanonpo-bottom

2015年5月24日日曜日

炭窯づくり




実質的に1999年から活動を続けている過疎地にある環境NGO「おららの炭小屋」では、3基目の炭焼き窯を現在製作中です。(写真は1号基の2回目の天井修復時のもの)

連続ワークショップ「炭作りのための炭窯作りWS」

 工程A:
炭窯の天井は赤土のドームなので、天井を支える柱はありません。では、どのようにして天井をつくるのでしょうか?
工程B:
炭窯の内部で効率よく炭を作るためには、焚き口からの火の流れをスムーズにする必要があります。そのために天井の内側の形状をどのように成形するのでしょうか?
工程C:
天井の赤土を固める道具も手作りします。手作りすることの意味を考えてみて下さい。
 工程D:
赤土を叩いて天井をつくるのですが、いつもあとになって気づくことがあります。やってみなければわからない。


______________________________________
------------------------------------------------------

自主財源(炭をつくって、炭を売って)で体験型環境教育活動をしています!
ご協力下さい。
詳しくは↓をクリック。





ZiVASANプロジェクトがこのWSの様子を収録し、オンライン講座を開設予定です。