yamanonpo-bottom

2016年10月3日月曜日

那賀町地域おこし協力隊採用情報

*12月5日に第一次書類審査を実施し、その後、第二次審査[面接]を経て、内定発表されます。

*第2次募集を2017年1月に予定しておりますので、ぜひ当地に来てご検討下さい

2017年度から活動していただく
「那賀町地域おこし協力隊」採用情報です。
*那賀町協力隊応募申請は11月30日締切[書類必着]

徳島県の助成による奨学金返還支援制度「助成候補者」募集もあわせてご覧下さい。
*奨学金助成の申請希望は12月31日(土)締切。
>>>こちらをクリック





*活動概要* 

[1]【鷲敷・相生地区担当 1名】 20 歳以上 49 歳以下   

① 地域サロンの運営に関する活動    
赤ちゃんから高齢者まで地域住民が集える地域サロンを企画運営する活動に従事していただきます。 

[2]【上那賀地区担当 2名】 18 歳以上 50 歳以下   

① 農村舞台の保存・活用に関する活動    
上那賀地区の農村舞台を中心に、人形浄瑠璃と音楽やダンスとのコラボレーションなど、これまでにない柔軟な発想で事業展開を図っていただきます。  
② 都市との絆づくりに関する活動    
那賀町の農村舞台で作ったコンテンツを町外で公演したり、都会のものを農村舞台に持ち込むなど都市部と結びつける活動を行なっていただきます。 

[3]【木頭地区担当 5 名】18 歳以上 50 歳以下    

受入団体:一般社団法人イコールラボ ①~③  
生物多様性、低酸素化社会の実現を目指し、山櫻の苗木育成、植樹、山櫻名所づくりのほか、普及啓発や地域振興のための各種イベントに主要スタッフとして活動していただきます。  
山村留学センター結遊館を拠点に、宿泊管理のほか地域の教育力を活かし子どもたちとの体験活動、移住希望者を受け入れるためのマネジメント、小学校休校校舎の利活用に関して中心となって活動していただきます。  
山村に残された生活文化や自給的な暮らしを映像や写真などで記録し、小さく循環する等身大の暮らしをビジュアル化して次世代に伝えるためのプロジェクトです。   

受け入れ団体: 株式会社アース・ヴィジョン ④~⑤ 
④ ブランド開発、認知拡大のためのイベントの企画プロデュース   
関東のスタッフと連携して、木頭地区で実施している山村体験イベントや柚子フェスイベント、関東での那賀町ふるさと会などの企画プロデュース業務を行っていただきます。  ⑤ 情報サイト「ぬくいぜんか」のコンテンツ企画開発・運営    
那賀町の各種情報をとりまとめ、首都圏等へ情報発信するプロジェクトや通信販売の企画・運営を行っていただきます。 

[4]【木沢地区担当 4名】 18 歳以上 50 歳以下   

受入団体:合同会社 杉の子 
① ゲストハウス運営・体験メニュー補助プログラム   
ゲストハウス杉の子運営補助スタッフとして日常管理や調理補助に携わっていただくほか、保存食作りや郷土料理などの生活文化を学ぶ体験メニューを共同企画していただきます。 
② 自然体験メニューの企画実践プログラム   
登山や鍾乳洞探検、ツリークライミングやシャワークライミングなど、自然体験プログラムの共同企画および実践をしていただきます。  
③ 地域マネジメント実践プログラム    
建築系学生のインターンシップ企画実践や協力隊育成研修サポートを通して、地域マネジメントのノウハウを学んでいただきます。 
④ 放置柚子の収穫・管理代行プログラム 
高齢で管理の行き届かなかった放置柚子の収穫・代行管理などを模索し、継業のナリワイづくりに取り組んでいただきます。 
⑤ 地域資源の振興に関する活動 西日本第二の標高を誇る霊峰剣山の南側に位置し、多くの名瀑を有する当該地において、(株)四季美谷温泉が実施する観光事業の PR、ツアー企画等に従事していただきます。
_____________________________

*那賀町地域おこし協力隊設置要綱はこちら
*那賀町非常勤嘱託職員要項はこちら
*地方公務員法特別職の規程はこちら

上記の木頭地区についての一部の協力隊運営を民間運営委託[一般社団法人イコールラボ]しています。特に活動費[年間MAX200万円]についての予算執行を役場会計規程に則ってではありますが、通常の役場からの執行よりも迅速、かつ柔軟に行えるよう勤めています。イコールラボとしては、フレックスタイム型[那賀町非常勤嘱託職員]でのご応募をお勧め致します。協力隊としての収入は少なくなりますが、勤務時間が少なく、ご自分の独自のお仕事、あるいは起業の時間と収入を得ることが可能です。ご相談・お問合せは、イコールラボまで