yamanonpo-bottom

2017年2月3日金曜日

電力会社を変えてみる

60年ほど前までは木頭村では小水力発電が集落にあり電力も自給自足であった。
四国では伊方原発を稼働させている四国電力がある。東芝や三菱、日立などの大企業の原子力部門は商売として成り立たず、会社自体を危機に晒している。技術的に維持できない発電方法を採用し続けている電力会社には不安を覚える。
そこで、地元のガス会社が「電気はじめました」というチラシが入っており、早速乗り換えた。

電力会社を変えるのは非常に簡単。
ちなみに洸陽電気という電気小売会社。
http://www.koyoelec.com

木頭北川地域には阿南高専が作った小水力発電装置があるし、熱源としてはおららの炭小屋の炭もある。かつての「自給する知恵」を再び学び、よりスマートなエネルギーを地域で賄えるようになればと思う。